【Q5Q6】SDカードに録画できません。

下記の通り試していただけませんか。カメラのSDカード録画機能が正しく「オン」にすることかご確認ください。

1.マイクロSDカード入れたままに、カメラの電源コードを抜いて、再び挿し直してカメラを再起動にしてください。

2.カメラがオンライン状態で、アプリで設置画面を開いて、SDカードが認識するかどうかご確認ください。【メモリーカードストレンジ】は表示されますか?

3.カメラを再起動しても認識できないなら、お手数をおかけしますが、パソコンでマイクロSDカードを一回フォーマットしていただけますでしょうか。

フォーマットする方法:

①マイクロSDカードをカメラを取り出してください。

②マイクロSDカードをパソコンに接続し、フォーマット形式を【FAT 32形式】を選択して、マイクロSDカードをフォーマットしてください。フォーマットする詳しい方法について、参考ビデオをご覧ください。SDカードフォーマットの参考ビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=JMPor-xunj4もしご利用のPCはパソコンで直接的に【FAT 32形式】を選択できない場合、フォーマット方法はまた一つありますので、お気軽にご連絡ください。サポートさせていただきます。

ご注意:1.マイクロSDカードに大切なファイルが保存された場合は、重要なデータをまずパソコンに移行して、バックアップしてください。

2.フォーマットに成功した後、まずカメラの電源を切って、それからSDカードをカメラに差し込み、最後にカメラに電源を入れて再起動してください。以上の手順に従って、SDカードをフォーマットすることができます。その後、カメラがオンライン状態で、アプリで設置画面を開いて、【メモリーカードストレンジ】が表示されるかどうかご確認ください。

4.録画保存モード、スケジュールとストレージスペース足りないときの処理方法を設定してください。保存モードのデフォルト設定は動体警報録画です。スケジュールのデフォルト設定は「24/7」となります。(毎日の24時間の中、動体を検知したら、動きが止まるまでの完全な録画はお使いのSDカードに保存します。)それ以外、2つのカスタマイズも設置できます。カスタマイズを設置した後、カメラはスゲージュルした時間帯に警報録画を記録します。*録画時間にカスタマイズは必要ない場合は、スケジュールを「24/7」に設置してください。ストレージスペース足りないときは「ストレージをやめ」、「最も古いファイルを上書き」2つの処理方法があります。 「ストレージをやめ」を設置すれば、容量がいっぱいになった場合にはストレージをやめます。 「最も古いファイルを上書き」を設置すれば、容量がいっぱいになった場合には古い警報録画を消去し、新たな警報録画を「上書き」します。

5.マイクロSDカード録画を確認する方法:「リプレイ」ボタンをタップし、メモリーカードを選択して、メモリーカードの録画をご確認ください。

ご注意:

①リプレイ画面でタイムラインの青い部分は、警報録画があるという意味です。

②2本の指(中指と人差し指)でタイムラインを拡大し、より細かい時間を選択することができ、再生しやすくなります。

③「X1」を押すと、X2、X4 選択でき、ビデオの早送りができます。

日本サポートチーム:service.jp@wansview.com

Copyright © 2018 Wansview All Rights Reserved.